たまプラーザ駅前 有名私立小学校受験の幼児教室

アドバンス幼児教室
お問い合わせ
横浜市青葉区美しが丘2-15-2 黒沼ビル404
advance@khh.biglobe.ne.jp
- -
HOME
−
教育理念
−
指導内容
−
コースと料金
−
特待生制度
−
絵画クラス
−
小学生クラス
−
中学受験プロジェクト
−
教養塾
−
教室概要
−
室長プロフィール
−
合格実績・合格体験記
−
アクセス
−
お問い合わせ
プライバシーポリシー
−
MAP
横浜市青葉区美しが丘2-15-2 黒沼ビル404
※東急田園都市線
たまプラーザ駅東口徒歩1分
合格実績
- -
 
過去の実績
-
<小学校>
慶應横浜初等部・カリタス小学校・洗足学園小学校・田園調布雙葉小学校・桐光学園小学校・森村学園初等部・東京都市大学附属小学校・晃華学園小学校・昭和女子大学附属小学校・国本小学校・目黒星美小学校・聖セシリア小学校・聖ヨゼフ小学校・相模女子大附属小学校・ドミニコ学園小学校・横浜英和小学校・玉川学園小学部(BLES)・横浜国立大学附属鎌倉小学校・島根大学附属小学校、日本女子大学附属豊明小学校
 
<幼稚園>
カリタス幼稚園・田園調布雙葉幼稚園・湘南白百合幼稚園・小さき花幼稚園・上野毛幼稚園・東京都市大学附属幼稚園・日本女子大学附属豊明幼稚園・東京音大附属幼稚園・川村幼稚園

合格体験記
- -
 
第10期生第9期生第8期生第7期生第6期生第5期生第4期生第3期生第2期生第1期生
 
→第10期生 カリタス・桐朋小学校合格  R.Sさん
→第10期生 慶應横浜初等部・国本小学校合格  D.K君
→第10期生 森村学園・暁星国際・聖ヨゼフ小学校合格  T.M君
→第10期生 森村学園・カリタス・相模女子大付属小学校合格   S.Oさん
→第10期生 玉川学園初等部合格  K・Fさん
→第10期生 カリタス幼稚園合格   M.Kさん

- 丸角1 - 丸角2
-   第10期生 カリタス・桐朋小学校合格  R.Sさん

我が家の小学校受験は、年少の冬に知人に勧められてから年中の秋に決心するまで、とても悩んでの決断でした。娘は3月末の生まれのため幼稚園でもまだまだ幼く、とても想像できなかったからです。しかし同時にカリタス小学校にお子様が通われていた方のお話を思い出し、まだ決心がつかぬまま学校を訪問しているうちに娘も私共もカリタスの魅力に引き込まれ、ぜひこのような教育を受けさせてあげられたらと受験まであと1年、「やれるだけやってみよう。」と、お教室探しをはじめました。

娘の場合は少人数できめ細やかにご指導くださるお教室が良いのではないかと感じカリタス小学校に多く合格者を出されている小規模のお教室を探しました。ご連絡すると3月生まれということで難色を示されるお教室もありましたが、アドバンスでは気持ちよく体験を受け入れて下さり、先生方は温かく自然体で、丁寧にお話をしてくださいました。娘も体験がとても楽しかったようですし、私共もこちらでなら何とかなるかもしれない。先生にお任せしよう。とその日のうちにお世話になろうと決めました。そして年中の10月から入会させていただきました。

小学校受験は夫婦共に初めての経験でしたが、何でも相談に乗ってくださいました。娘は毎週、授業を楽しみに通っておりました。しかし知育では問題が聞き取れない、設問の意味が理解できないという時期がしばらく続きました。門田先生に「問題を自分でも追って言わせるといいですよ」とアドバイスをいただき、実践しながら毎日コツコツと復習や宿題を中心に学習しました。それでも知育はなかなか得点に結びつかず、このまま続けるべきか何度も悩みました。しかし門田先生は「社会性や集団行動がとても良いので自信を持ってください。知育はコツコツ積み重ねれば大丈夫です。」と娘の良い面にも目を向けられるよう導いてくださいました。そして「3月生まれさんですから、秋にピークが来ればいいのです。」「頑張っていますね、その調子です。」等と、何度も励まされました。

そこで半ば開き直る気持ちで1学期までは基礎をコツコツやろうと決め、周りと比べず娘のペースを尊重していくことにしました。後から考えるとこの時、私の気持ちが整理でき切り替えができたことは大きかったと思います。この頃は解けなくてもひたすら一つ一つを丁寧に、時に具体物を作るなどじっくり取り組みました。そうしているうちに、日をおいて再び取り組むと解けるようになっており、成長も感じられるようになりました。また、私は仕事を持っておりますが、何月までにこの範囲までやるというように大まかな目標を立て、随時軌道修正しながら自分も家事と仕事と学習とバランスが取れるように取り組んでいきました。

そして突入した夏休み、解ける問題が格段に増え、先生方からも「最近ぐっと伸びてきましたね。」「成果が出てきましたね。」と言っていただき、コツコツ学習してきた成果を実感できるようになってきました。娘は午後、集中力が途切れがちでしたので夏休みは午前中にペーパー、午後は工作や体操、巧緻性、お手伝いなど身体を動かすことにしました。しかし夏休みの力試しに挑んだ外部の模試の結果は厳しいものでした。ですが「出題傾向も志望校のものとは違う。入試の雰囲気に慣れるための練習だ。」と割り切り、それからは模試の結果にあまり一喜一憂せず受け止められるようになりました。

二学期に入り毎日の運動会練習の疲労でなかなか思うように学習が進まない時期がありましたが、最後本番までの直前期、娘は「絶対カリタスに行くんだ!」という強い気持ちを持って毎日本当によく頑張りました。カリタス小学校は短文の読みがありスラスラ読めるように毎日猛特訓しました。主人も早く帰宅してくれ、家族3人で面接練習を行いました。そして先生がおっしゃったとおり、何とか娘は「秋にピーク」を迎えられて試験に挑むことができたのではないかと思います。

入試直後、娘は「楽しかった!」と笑顔でした。娘が楽しめたのなら結果はどうあれ「やりきった、悔いはない」という清々しくもある思いでおりました。そして合否通知が届いた時は封を開ける手が震えましたが、合格の文字を見つけ家族で飛び上がって喜び、泣きました。
我が家の受験について振り返ってみると、元々自然体験を親子で楽しんでいたことや、娘の性格に合っているのではと思える学校やお教室に出会えたこと、そして3月生まれでゆっくりの歩みでも成長と秋のピークを信じてコツコツ学習を積み重ねたことなどは良かったかと思います。とても悩んで決断した受験でしたが、得られるものがとても多く、挑戦して良かったと改めて感じております。可愛い幼少期に我が子と目標を共にして一生懸命に取り組んだことは家族の絆を強くし、私共の貴重な子育ての思い出にもなりました。

門田先生は、入学後も小学校生活を楽しんで欲しいという視点で子ども達に学習の楽しさを教えてくださり、また、決して心が傷つくような指導はなさいませんでした。いま、娘は学習に楽しいイメージを持ったまま入学の日を楽しみにしております。そしていつもさりげなく励ましのお言葉をかけてくださり、それは私にとって不思議と必ず前向きになれる言葉でした。受験に向き合う親をも上手に導いてくださいました。

門田先生、橋本先生、安間先生、先生方に出会えたことを心から感謝申し上げます。素晴らしい経験をさせていただき本当にありがとうございました。カリタスでの小学校生活を家族皆で楽しんでいきたいと思います。

 
- 丸角3 - 丸角4
- - - -

- 丸角1 - 丸角2
-   第10期生 慶應横浜初等部・国本小学校合格  D.K君

小学校受験を決めたのは年中の9月でした。当初、息子はじっと座っていることもできず、幼児教室に通える様な状況ではありませんでした。そこで、個人の先生にお願いし勉強をスタートさせました。3ヶ月が経った頃、個人の先生より、「そろそろ集団の中で学ぶことをおすすめする」とアドバイスを頂き、いくつか幼児教室の体験に行きました。最後に体験させて頂いたお教室がアドバンス幼児教室でした。小学校受験だけを目的としない幼児教室、そして、門田先生の素晴らしいお人柄に触れ、すぐに入塾を決めました。

入塾してからの日々は、とても充実しておりました。月間目標、週間目標、そして1日のスケジュールを立て、毎日息子と向き合っておりました。私は仕事をしておりましたので、私自身の1日のスケジュールも立て、分刻みで行動する日々が続きました。しかし、アドバンス入塾時、息子には親を悩ます課題が2つありました。@夢中になりすぎると時間の約束を守ることができない。A勉強中、思い出したように突然別の事をする。スケジュールを立てる身としては、思う通りに進まず、イライラし、夫や息子にあたってしまう事もありました。

壁にぶつかってしまった時はいつも、門田先生にご相談させて頂き、乗り越えてまいりました。門田先生はどんな時も、母親の味方そして、息子の応援団長でいて下さいました。門田先生からのメッセージはいつもポジティブで、私にとって「魔法の言葉」でした。

そしてある日私は気が付いたのです。課題と思っていた短所の裏には長所がある事を。息子が約束を守ることができないのは、「集中力」があるからであり、息子があちこち気が散るのは、好奇心が旺盛で何に対しても興味があるからなのだと。それから、息子を押さえつけるのではなく、息子の知的好奇心をつまぬ様、息子の興味関心を共感することを意識しました。そして、目標やスケジュールも一緒に立てるようにしました。すると、少しずつ息子が変わっていくのを実感することができました。もしかすると、「また約束を守れない!」ではなく「今度は何に集中しているのだろう」、「落ち着きがない!」ではなく「興味関心のアンテナ、今度はどこをむいたかな」というように、私自身の見る目が変わったのかもしれません。このように、息子の変化に気が付き出した6月頃、面接対策に入りました。「面接ではこのように答えたい・・・」という内容を洗い出し、面接の一問一答を作成しました。そして、その内容に沿い、息子に接し、息子の長所を伸ばすように努力してまいりました。

週1回、息子はアドバンスへ通うことが楽しくて仕方がない様子でした。日々のペーパー対策は、アドバンスで習った内容を復習し定着することを意識しました。小学校の先生をされていた門田先生は、子供達の導き方が素晴らしく、日を追うごとにペーパーが得意になっていきました。これは本当に魔法でした。面白いようにスイスイ解いていく息子と勉強するのはとても楽しい時間でした。家庭学習の平均時間は2時間半程、ペーパーの他に、口頭試問、課題画、ブロックなどを行いましました。

また、冬期・夏期講習等で門田先生よりご教示頂く講評から、息子の課題を抽出し、日々の目標に追加し克服してまいりました。夏休み、今振り返ると、私は鬼と化していたと思います。多い時には1日6時間ペーパー対策を行いました。息子は泣きながらよくついてきてくれたと思います。ペーパー後に、公園へ行き、自分の背丈より長い虫取り網を持って走り回る子供らしい姿を見て、いつも「泣かせてごめんね」と反省しておりました。

小学校受験において、合格した場合「ご縁を頂く」と表現する事が多いですが、我が家においてはまさに「ご縁」の連続でした。いつも保護者の立場に立ち、母親の気持ちを尊重し、さらに父親の意見も母親を通し確認くださり、適切なアドバイスと承認をしてくださった門田先生、厳しくも的確に、希望校に沿った指導をしてくださった橋本先生、いつのまにか絵と工作が好きで得意になるように指導してくださった安間先生には感謝の気持ちでいっぱいです。

小学校受験は母親を試される試験だという方もいらっしゃいます。私は一理あると考えます。どんなに温厚で優しいお母さんも(私はもともと怖い母だったと思いますが)、お受験ママになると変わります。一生懸命になればなる程、鬼の形相になり、言ってはいけない事を口走り、夫からも「変わったな・・・」と思われます。時に、お受験は子供のためなのか、自分のプライドのためなのか、分からなくなってしまう時もあると思います。

小学校受験で母親を試されているのではなく、合格へのkeyを母親が握っているという事だと私は思います。度々訪れる母の変貌、心の動揺を受け止め、軌道修正して下さるのが、私にとって門田先生でした。塾選びからスタートするお受験。この先生についていきたい、息子をお願いしたいと思える塾に出会えたご縁が、最終的に小学校とのご縁に繋がりました。

小学校受験を経験し一番良かったと思える事は、夫と共に、「我が家の教育方針は何か?」「息子の長所・短所は何か?」について共有し、同じ方向を向いて教育できたことです。小学校受験がゴールではなくスタートです。ようやくスタート地点に立つことができました。これから新たな世界で待ち受けている出会いの中にも様々なご縁があると思います。一期一会を大切にし、息子の成長をサポートしていきたいと思います。

アドバンス幼児教室に入塾させて頂いたご縁が、我が家の転機となりました。あの時、アドバンス幼児教室の扉をたたき、入塾を決めた自分をほめてあげたいです。門田先生、橋本先生、安間先生、本当にありがとうございました。

 
- 丸角3 - 丸角4
- - - -

- 丸角1 - 丸角2
-   第10期生 森村学園・暁星国際・聖ヨゼフ小学校合格  T.M君

息子が年中の秋に小学校受験を本格的に検討し始めました。と言っても当初は具体的な志望校も決まっておらず、「息子の個性を伸ばし、楽しみながら学べる学校に行かせたい」という程度の漠然とした考えでした。幼児教室を選ぶ際にも「お勉強を楽しみながら通えること」を第一に考え、いくつかの教室を見学・体験して決めることにしました。

最初に自宅近くの教室の体験に行ってみましたが、そこは、いわゆる難関校に合格させることばかりを重視し先生もスパルタな印象で我が家の方針に合わないと感じました。次に行ったのがアドバンスでした。その日は橋本先生の授業でしたが、門田先生も来てくださりお話を伺うことができました。門田先生との面談では小学校受験に対する疑問・不安だけでなく、日々の育児のことなど色々とお話させていただき門田先生の温かいお人柄を感じました。また、受験校についても我が家の教育方針や息子に合った学校をご提案くださり、ここなら私達が理想とする受験指導をしていただけると確信しました。そして息子本人や既に通われていたお子様達が授業を楽しんでいたこと、授業後に息子が「楽しかった。また来たい。」と言ったことから、もう他の教室を見て回る必要はないと思い、すぐに入会を決めました。

11月からアドバンスに通い始めたものの、当時我が家は共働きで平日の帰宅時間は18時過ぎ。家庭学習の時間は30分が精一杯という状況でしたので短時間でもとにかく集中してやることを心がけました。(2歳下の弟に妨害されることも度々ありましたが…)
3月に第三子を出産予定だった私は年明けに仕事を退職し、出産までに少しでも勉強を進めておかなければと思っていたところで体調を崩し約2週間入院。退院後も安静が必要で思うように受験勉強を進められず焦りが募りましたが、門田先生とのメールのやりとりでだいぶ気持ちが軽くなりました。出産後は夫が早朝に出勤し夕方早く帰宅する勤務形態に変え、私が下の子たちの世話や家事をしている間に夫が息子の勉強を見るという生活リズムがやっと整ってきました。

小学校受験ではペーパーだけでなく、絵画制作・運動・行動観察・面接と幅広い対策が必要ですが、息子は行動面に課題がありました。この点もアドバンスの先生方が根気強くご指導くださり、家庭でも言い聞かせていくうちに入試直前になってだいぶ成長したと思います。この一年間、息子の課題がなかなか改善されず焦ったり、模試で思うような成績が取れずに落胆したりすることもありましたが、その度に門田先生は的確なアドバイスや励ましのお言葉をかけてくださり助けていただきました。

その結果、私達家族にとって最高の形で息子の小学校受験を終えることができました。小学校受験は志望校への合格が最終的な目標ではありますが、息子にどのような学校生活を送ってほしいか、どのような人に成長して欲しいかなど改めて夫婦で話し合う良い機会にもなりました。

一年間ご指導くださいました門田先生、橋本先生、安間先生、本当にありがとうございました。また、仲良くしてくださったお友達、お母様方にも心より感謝申し上げます。下の子たちの受験の際にも是非アドバンスにお願いしたいと思います。

 
- 丸角3 - 丸角4
- - - -

- 丸角1 - 丸角2
-   第10期生 森村学園・カリタス・相模女子大付属小学校合格   S.Oさん

私達家族が小学校受験を考え始めたのは、娘が年少になった頃に知人から小学校受験の話を聞いた事がきっかけでした。娘が興味を持てるならばという気持ちと、そういった世界への挑戦もいい経験になるかもしれないと思い、幼児教室探しから始めました。
数多くの教室がありましたが、我々の求めている『子どもとしっかり向き合う』事を重視されている教室がアドバンスだと感じ体験を申し込みました。

体験での娘は初めての習い事に少し緊張した様子でしたが、恥ずかしがりながらも楽しそうに過ごしており、またアットホームな雰囲気の教室、少人数制、先生のとても優しい眼差しに大きな安心感を覚えました。そして室長との面談においても、子ども一人一人の個性を尊重してくださり、その子に合った指導や進路を考えてくださる点に大変魅力を感じ入塾することを決めました。

教室では基礎学力の定着に重きを置きつつ楽しく学ぶ事を教えてくださったお陰で、娘は一度も通塾を嫌がることはありませんでした。また、日々の暮らしの中から学ぶ事も沢山あり、それが如何に大切かという事を親子で理解できたお陰で、何気無く過ごしてきた日常がとても充実したものへと変わっていきました。

そして、先生方は娘の性格や考え方などしっかり見抜いて下さり、娘に合ったアドバイスや指導法を適宜的確にしてくださるお陰で、私達親が直面した悩みや疑問もスムーズに解決していきました。時には親子共に壁にぶつかり、思い悩み、泣いたり喧嘩したりする事が多々ありました。何度も何度も話し合い、泣いて笑っての繰り返しでしたが、それら全ての経験により親子・夫婦の絆が深まりました。そして何より、一緒に頑張ろうとお互いに励まし合い、支え合ったお友達親子の存在が私たち親子の心の支えになりました。苦手な問題がなかなか思うように出来ない時も『お友達も頑張っているから私も頑張る。諦めない。絶対に合格する。』と強い気持ちで臨めたのも先生とお友達のお陰です。

試験前日に娘は風邪気味となり、発熱こそ無かったものの万全の体調ではありませんでした。しかし当日の娘の表情や眼差しはとてもしっかりとしており、試験会場へ送り出す際には『行ってきます。頑張ってくるね。』と笑顔で言い、しっかりとした足取りで向かって行きました。その姿に心も逞しく成長したと感じました。

娘を幼稚園へお迎えに行った際に、第一志望の森村学園初等部から合格通知が届いた事を伝えると、娘は飛び上がって大喜びし親子で抱き合いました。『おめでとう!よく頑張ったね!』と声かけした時のとてもとても嬉しそうな娘の表情は忘れることが出来ません。

アドバンスで過ごした1月10ヶ月は、とても濃密で充実した期間となり、これからの人生の大きな礎となりました。門田先生、橋本先生、安間先生、一緒に頑張ったお友達と保護者の皆さま、本当に本当にありがとうございました。
 
- 丸角3 - 丸角4
- - - -

- 丸角1 - 丸角2
-   第10期生 玉川学園初等部合格  K・Fさん

私達は年長の4月からアドバンスに入塾し、約7ヶ月間お世話になりました。今回の受験は、姉が通っている学校を第一志望とするため、受験する学校は1校と決めていました。妹の方はなんでも器用にこなすタイプだったので、安心していたこともあり、受験準備を始める時期が遅くなってしまいました。

そのためみんなに比べてかなり遅れがあるスタートでお教室みんなに迷惑をお掛けしてしまったのですが、先生方のサポートやお友達も温かく迎え入れてくださり、本人もアドバンスで毎週勉強する事を楽しみにしていました。

スタートが遅かったために知育の進度が他の子たちよりも遅れていたので、知育の時間のみマンツーマンで娘にあった知育内容から指導してくださいました。このようなきめ細やかな個々への対応はなかなか大手ではできないことだと思いました。

また、娘には社会性が高くお友達と常に仲良く活動できていること、自分のことを自分で素早く行い自立した精神を持っていることをいつもほめてくださいました。時には厳しく、そして娘の性格を考慮して的確にアドバイスをしてくれる先生方に親子で何度も励まされました。

アドバンスの先生方、お教室のお友達、お母様方達に感謝でいっぱいです。本当にありがとうございました。

 
- 丸角3 - 丸角4
- - - -

- 丸角1 - 丸角2
-   第10期生 カリタス幼稚園合格   M.Kさん

この度は、アドバンス幼児教室の室長の門田先生、並びに橋本先生にご指導いただき、念願のカリタス幼稚園にご縁を頂くことが出来ましたこと、心から感謝申し上げます。

私供は、まずカリタス幼稚園を志望し、受験の対策としましても幼稚園の教育方針とあまり相違のない指導をしてくださる幼児教室を探しておりました。ひとり娘でしたので、母子分離も気にかかり、早めに他のいくつかの幼児教室を体験や入塾をしてみました。

いくつかのお教室を巡りましたが、アドバンス幼児教室は、門田先生が元々小学校の教師をなさっていたということや、橋本先生がご経験豊かで、慎重な性格で臆することの多い娘に、挑戦する喜びを教えてくださる様子を拝見しておりまして、「このお教室で間違いない」と確信いたしました。

また、授業では、子供だけなく私供親にも、受験の時だけでなくその先を見据えた親としての心構えや子育てにおける父親、母親の役割など、今後子供を育てていく上で大切なことを教えていただいたと感じております。受験に際しましても、橋本先生はいつも「大丈夫ですよ」と励まし、的確なアドバイスをしてくださいました。また、模擬面接を実施してくださり、門田先生と元校長先生にアドバイスをいただきましたおかげで、試験当日は、娘は少し緊張した面持ちではありましたが、いつも通りに面接と考察に望むことが出来ました。

アドバンス幼児教室に巡り合うことが出来きたことが、娘と私供夫婦にとって幸運でありました。無事、カリタス幼稚園にご縁をいただき、改めて御礼申し上げます。ありがとうございました。また機会がございます際は、アドバンス幼児教室にて学ばせていただきたいと思います。

 
- 丸角3 - 丸角4
- - - -
-  
 
Copyright (C) 2009-2019 Advance.All Rights Reserved.