たまプラーザ駅前 有名私立小学校受験の幼児教室

アドバンス幼児教室
お問い合わせ
横浜市青葉区美しが丘2-15-2 黒沼ビル404
advance@khh.biglobe.ne.jp
- -
HOME
−
教育理念
−
指導内容
−
コースと料金
−
特待生制度
−
絵画クラス
−
小学生クラス
−
中学受験プロジェクト
−
教養塾
−
教室概要
−
室長プロフィール
−
合格実績・合格体験記
−
アクセス
−
お問い合わせ
プライバシーポリシー
−
MAP
横浜市青葉区美しが丘2-15-2 黒沼ビル404
※東急田園都市線
たまプラーザ駅東口徒歩1分
合格実績
- -
 
過去の実績
-
<小学校>
カリタス小学校・洗足学園小学校・田園調布雙葉小学校・桐光学園小学校・森村学園初等部・東京都市大学附属小学校・晃華学園小学校・昭和女子大学附属小学校・国本小学校・目黒星美小学校・聖セシリア小学校・聖ヨゼフ小学校・相模女子大附属小学校・ドミニコ学園小学校・横浜英和小学校・玉川学園小学部(BLES)・横浜国立大学附属鎌倉小学校・島根大学附属小学校、日本女子大学附属豊明小学校
 
<幼稚園>
カリタス幼稚園・田園調布雙葉幼稚園・湘南白百合幼稚園・小さき花幼稚園・上野毛幼稚園・東京都市大学附属幼稚園・日本女子大学附属豊明幼稚園・東京音大附属幼稚園・川村幼稚園

合格体験記
- -
 
第9期生第8期生第7期生第6期生第5期生第4期生第3期生第2期生第1期生
 
→第9期生 カリタス小学校合格  W・S君
→第9期生 カリタス小学校合格  Y・Nさん
→第9期生 森村学園小学校合格  S・Wさん
→第9期生 カリタス小学校合格  M・Yさん
→第9期生 小野学園小学校合格  S・Mさん
→第9期生 日本女子大学附属豊明小学校合格  N.Mさん

- 丸角1 - 丸角2
-   第9期生 カリタス小学校合格  W・S君

小学校受験を考え始めたのは息子が年少の夏頃の事だったと記憶しています。小学受験というよりはよく遊ぶお姉さんの影響で息子がカリタス小学校へ行きたいと頻繁に言っていたので、我が家はカリタス小学校だけを目指しました。まず行事や説明会に行き親子でその雰囲気を肌で感じることから始め、幼児教室を考えたのは年中の夏でした。大手のお教室に行くと、幼稚園がインターナショナルだったため日本語が中途半端な状態なことも含め、準備するには遅すぎるという事でした。小学校説明会で出会った方にカリタスにどうしても行きたいのならと紹介されたのがアドバンス幼児教室でした。

お教室はとても少人数で家庭的でした。そしてカリタス小学校で先生をなさっていた先生が教えてくださるというのも魅力的でした。何より門田先生は息子がインターナショナルであることも、ご承知の上で「一年間本気で頑張れば大丈夫です」と言ってくださったことで、ここでお任せしようと思いました。始まってみると数の増減、数量の単位、物の名前など全て英語で行ってきたため、戸惑う事が多かったようです。加えて季節、昔話が全く分からず、絵画も大の苦手、読んだりお話を作ったりもできない・・など課題の山積みでした。

家庭学習や時にはお教室でも分からなくなると泣き出したり、怒り出したりすることも多々ありました。感情の調整も課題の一つでした。お教室に行かないと言い出すのも時間の問題かなと思っていましたが、先生やお友達のお陰で、「アドバンスに行かない」と言ったことは一度もありませんでした。

息子の受験に対する意識が少し変わったなと感じたのは入試本番を目前に控えた頃だったと思います。家庭学習を自ら取り組んでみたり、幼稚園で日本語の先生に短冊読みやお話作りのチェックを自ら願い出たりする姿がありました。お教室で一緒の同じカリタス志願のお友達と励ましあったり「絶対一緒に行こうね」と言って貰ったりしたのも本人にはとても大きかったのかもしれません。

面接では笑顔ではっきりと受け答えをする堂々とした息子の姿に、緊張しすぎている私たち親が逆に救われました。考査本番当日、いつもは口数の多い息子が門田先生に頂いた手作りのお守りをポケットにしまって「あきらめない。門田先生と安間先生との約束だから。行ってくる」とだけ言い試験に向かいました。その後ろ姿はとても堂々としていて誇らしくもありました。

2年半憧れ続けたカリタス小学校から合格証を頂いた日。息子の「僕は本当にカリタスに行けるんだね?」と少し涙ぐんでいた姿を忘れる事が出来ません。一つ一つ丁寧に息子に寄り添って教え続けてくださった門田先生、絵が苦手だった息子に絵を描いたり工作をつくったりする素晴らしさを教えて下さり、絵を大好きにして下さった安間先生、そしていつも遅れがちだった息子を暖かく包んでくれたお友達。サポートしてくださった諸先生方、皆さんがいてくれたからこそ、今があると心より感謝しています。ありがとうございました。

お教室では受験を通して、最後まで諦めない気持ち、達成した時の喜びを学ばせて頂きました。とても精神的にも大きく成長させて頂いたと思っています。この気持ち、経験を忘れる事なく小学校生活をより良いものに親子共々過ごして行きたいと思っています。
 
- 丸角3 - 丸角4
- - - -

- 丸角1 - 丸角2
-   第9期生 カリタス小学校合格  Y・Nさん

小学校受験について漠然と考え始めたのは娘が幼稚園に入園する頃からでしたが、具体的なきっかけは、ふと思い立って娘の手を引き参加した学校の公開行事でした。明るい光がふんだんに差し込む開放的な校舎で、きらきらと輝く目で一生懸命に作品や展示の説明をしてくれた生徒さんの様子。深く印象に残ったその小学校がカリタスでした。

年中に上がってから教室を探し始めましたが、どこかの私立へ進学させたいという気持ちではなく、カリタス小学校を目指すために適した受験指導をしていただける教室という視点でアドバンス幼児教室と出会いました。アドバンスの前にいくつか教室を訪問しましたが、どこか受験産業の機械的な流れの中で、できるだけ多くの生徒を有名小学校へ送りこむことに必死になっているような印象を受け焦らされるようなペースに巻き込まれる気がしました。
 
一方、門田先生との初めての面談では、「時間的余裕もあるので準備も十分にできます」とゆったりと真剣に丁寧に話を伺っていただけました。体験授業では、少人数でのクラスできめ細かくひとりひとりを見てくださる様子に安心感を覚えました。「小学校合格がゴールではなく、その先の学校生活がその子供にとって楽しく充実したものであることが何よりも大切です。」というお言葉に小学校の教諭でもあった教育者としての門田先生の信念を感じアドバンスにお任せしようと思いました。

約1年半近い期間、毎回の授業を娘は楽しみに通っていました。授業内容がブロックやパズルに始まり、具体物を通しての学び、ペーパー、運動、工作という一連のサイクルで設定されていたこともあり、あっという間の時間だったようです。また、一緒に学ぶお友達の存在があったことも大きいように思います。志望校に向かって共にがんばっているお友達と受験直前には「がんばろうね」「一緒に小学校行こうね!」と幼いながらも互いに励まし合う様子に、受験のテクニックを単に身につけて勉強さえできればよいという姿勢ではなく、相手を大切に思いやる気持ちなども育んでいただいていた時間となっていたことを実感しました。

年長の夏休みが明ける頃には娘の顕著な変化が感じられるようになり、積極性が出てきてハキハキと発言することができるようになりました。これもアドバンスで繰り返し丁寧に指導を受けてきたことが生きているのだと感じました。娘はマイペースな性格で丁寧に物事に対応する習性があるのですが、時間内で作業を仕上げることも必要な受験では最後まで心配な要素でした。門田先生はその部分をよく見抜いて理解くださり、子供に負担はかけずに上手にペースを上げる指導をしてくださいました。

長かったようであっという間に過ぎていった小学校受験。アドバンスで過ごした時間は親子にとって、学ぶという習慣を身につけるとても良い期間にもなりました。これからようやく小学生となり、学びはまだまだ始まったばかりです。毎日少しずつでも机に向かう時間を持ち、いつしか読書に耽り自分の好きな勉強を見つけて欲しい。勉強するって楽しいね、と受験の先に広がるこれからの可能性を親子ともにワクワクする気持ちで迎えられ、ひとまずこの期間を終えられた事に、お世話になりました門田先生、橋本先生、安間先生に心よりお礼を申し上げます。ありがとうございました。
 
- 丸角3 - 丸角4
- - - -

- 丸角1 - 丸角2
-   第9期生 森村学園小学校合格  S・Wさん

2歳年上の長女が、1年間アドバンスへ通い志望校へ合格させていただきましたので、次女も姉と同じ学校に入学出来るよう年中の11月からお世話になりました。次女は年少の頃から月に2回、アドバンスの絵画教室に通っておりましたので、特別に緊張することもなくクラスの中へ入ることが出来ました。 夏までは、お教室で新しく習ったことを自宅で毎日コツコツ復習し、正しい解き方を定着させることに徹底しました。 時に、次女がどうしても理解できなくて苦戦している姿を見て、長女が可愛いイラスト入りの簡単な問題を作って教えてくれることもあり、姉妹の成長を垣間見ることが出来て大変貴重な時間を過ごせました。

夏以降は応用問題を中心に、設問の多様な表現に慣れる練習をしました。 ペーパーは順調に進みましたが、模擬試験など、会場に一人で向かう際に不安になり泣いてしまうことが続きました。このことを門田先生にご相談した時に、「○○ちゃんは繊細なのね。慣れれば大丈夫でしょう」と娘の頭を撫でながら、優しい眼差しで答えて下さったが印象に残っております。その後は場慣れのため、週末毎に造形体験や模擬試験へ足を運んでいるうちに、娘が自分から「今日は泣かないで行ってくる。」と宣言し、考査前には笑顔で自信をもって臨めるようになりました。

アドバンスの2時間の授業は、毎回@ペーパーA運動B集団行動C制作の順に進んでいきます。次女は「門田先生のお声がとっても綺麗でずっと聞いていたいんだ♪」といつも申しておりました。お蔭さまでしっかりと聞く姿勢を身に付けることが出来ました。 また、保護者に対しては模擬面接や願書の添削、家庭学習の進め方や各小学校の情報など、細かにご指導くださり、限られた時間の中で順調に準備を進めることが出来ました。

考査当日、集合場所の広い体育館で娘は大変落ち着いておりました。笑顔で出発し、それ以上の笑顔で戻って参りましたので、お教室で習得したものをすべて出しきれたのだなと確信いたしました。 長女の時には怖くて私一人で開封した合格通知でしたが、今回は娘たちと一緒に開封しました。合格証書が見えた時には三人で飛び上がって喜びました。

来春から姉妹での小学校生活がスタートいたします。毎日コツコツの家庭学習は今でも継続しており、夕食を終えると自然とドリルを取り出して、「今日はこれ」と入学準備の問題に挑戦しております。娘達に学ぶことの楽しさを教えて下さった門田先生、橋本先生、また描くことの楽しさを教えて下さった安間先生に心より感謝申し上げます。ありがとうございました。
 
- 丸角3 - 丸角4
- - - -

- 丸角1 - 丸角2
-   第9期生 カリタス小学校合格  M・Yさん

私たち家族が小学校受験を考え始めたのは、娘が年少の冬でした。まず母娘で小学校フェアに出かけ、そこで説明を受けた大手幼児教室の体験に参加することにしました。体験を受けた際「今から始めましょう、この曜日で、○〇小学校を受験ですか」とどんどん話を進められ、これで良いのかと不安を感じました。

小学校受験した友人から、大手だから必ず合格するわけでもなく志望校を決めて教室選びをし、本人に合ったところを見つけてあげてとアドバイスをもらい、年中の春は小学校見学・説明会の参加に多くの時間をかけました。その中で、カリタス小学校に魅力を感じ、合格するための教室探しをしたところ、アドバンスに出会うことができ、夏休み中に体験に参加させていただきました。門田先生からは、「年中の秋からでも大丈夫ですからまずはたくさん外に出て遊んでください」と言われ、その言葉に甘え秋の学校見学もして10月からお世話になりました。

何も準備をしてこなかった為、全てが一からでしたが、わからない問題はコツを教えてもらい、製作も楽しく、お友達に会えることにも喜びながら教室に通うようになりました。 習い始めた頃は雑だったぬり絵も褒めてもらえるようになり、季節や言葉もわかることが増え、家庭でも色々な問題を自主的に取り組んでいましたが、夏休み後半からは集中力が欠け、ミスが多くなり、口頭質問も声が小さくなり、不安要素がどんどん増えてきました。「カリタス小学校に行きたいけれど無理かも・・・」と娘は弱気になってしまいましたが、それでも門田先生は「大丈夫です」と娘の良いところをどんどんとお話してくれて、不安が先だつ私たち家族を前向きな気持ちにしていただきました。

練習では無言や声の小さかった娘も、面接当日は大きな声で沢山お話ができ本人も嬉しそうでした。考査試験は、お迎えに行くと「間違えちゃった、失敗しちゃった、これはできた」と色々と話をしてくれましたが、夕食の後、「名前の書きだしを間違えちゃった」と泣き出しました。訂正して書き直したそうですが、普段間違えることのないミスで本人も相当プレッシャーだったようです。「頑張ったね、もう大丈夫だよ」と抱きしめてあげました。

その後無事に合格通知をいただき、家族で手を取り喜ぶ日を迎えられたことは、門田先生はじめ安間先生、橋本先生、そして共にがんばったお友達と保護者様のおかげと大変感謝しております。カリタス小学校では色々な事に挑戦し、お世話になった先生方に「素敵なカリタス生になりましたね」と言ってもらえるように育っていって欲しいと思います。本当にありがとうございました。
 
- 丸角3 - 丸角4
- - - -

- 丸角1 - 丸角2
-   第9期生 小野学園小学校合格  S・Mさん

この度、小野学園小学校から合格を頂くことができました。保育園の年中の終わりの3月に、人の話が聞けるような落ち着いた子供に育ってほしいとの思いから、アドバンス幼児教室の体験教室に参加しました。受験を始めるには遅すぎる時期でもあり、また教室の子供達はとても落ち着いていて、馴染めるかとても心配になりましたが、やさしく仲間に入れて頂き、楽しく通い始めることができました。

5月に私立小フェアに参加し、小野学園小学校の熱意のある教頭先生のお話を伺い、自宅から近いことも決め手となり第一志望にしました。家庭学習では、毎日、夕食後に教室の宿題をやり、8月の夏期講習以降では市販の問題集や過去問も使って、基本問題の繰り返し練習を徹底しました。教え方がわからなかったり、なかなか上達が感じられなかったりした時期もありましたが、折々に門田先生から励ましやお褒めのお言葉をいただき、弱みも的確に教えていただくことで、最後まで諦めることなく続けることができました。

行動観察と運動は教室での先生のご指導に頼りましたが、日頃の生活の中できちんとすることを心がけるようになりました。我が家は短い7ヶ月間の受験生活でしたが、先生方のご指導や他のご家庭の様子からも大変いい刺激を受けることができ、子供は落ち着いて話が聞けるようにもなりました。親自身も困難な場面での子供との接し方を経験でき、受験を通して様々なことを習得できた貴重な経験となりました。

私立小は縁遠い世界と思っておりましたが、実際に始めてみると受験から得られることが大変多く、また、結果としてもとてもよい小学校の学びの環境を得ることができ受験をして良かったと思っています。少しでも気になる方はアドバンス幼児教室の門を叩かれてみると良いと思います。門田先生はじめ、教室の先生方、同級生の皆様、温かく見守っていただき、本当にありがとうございました。
 
- 丸角3 - 丸角4
- - - -

- 丸角1 - 丸角2
-   第9期生 日本女子大学附属豊明小学校合格  N.Mさん

この度、第一志望に合格することができましたのは一重に先生方のご指導の賜物と家族一同心より感謝しております。私共は当初、内部進学を予定しておりましたが家庭の教育方針と学校の教育方針に違和感があり外部受験を決意致しましたが、受験を決めたのが遅かったので不安ばかりでした。時期的に門田先生に無理を言って体験をさせていただきました。内部進学とはいえ小学校から入っていらっしゃる方と同等のレベルを保つために対策はしていたつもりでしたが、体験教室を通して改めて受験のスタート地点にすら立っていないということを痛感し、また旺盛な好奇心を全く刺激できていなかったことを猛省いたしました。

小学校受験とは知識を詰め込み、テクニックを磨くのではなく、挨拶や礼儀、基本的な生活習慣をしっかり身につけ愛情を持って子供と日々向き合わないことには始まらないのだと知りました。娘は礼儀の仕方に始まり、言語・数・図形・記憶など多岐にわたり、ご指導いただきました。初めは娘も私もついていくのが必死で戸惑うばかりでしたが、受験の一か月前から目に見えて成長し親の私から見ても驚くばかりでした。

娘を授かってからの6年間、私共は日々の生活を統一するということを心がけて参りました。「早寝早起き」「読み聞かせ」「バランスのとれた手作りの食事」「沢山の自然体験」そして「頑丈な体作り」です。どれも当たり前のことで、わざわざ言及することではありませんが、これらは将来、勉強したり社会で活動したりする上で必要なときに集中する力、ここぞというときに頑張る気力を育てる基礎になると考えたからです。日常生活を大切にし、受験一辺倒にならぬように努めたことは良かったと思っております。

忙しい毎日でしたが、娘が興味をもったことには出来るだけ付き合い、視線を子どもに合わせることで、子どもの発想力を育んでいったように感じます。また、親である私達の経験を伝えたいという思いから季節ごとの行事を大事にし、田植えや稲刈りの体験をさせたり、娘が将来自律できる様に家庭内でできるお手伝いや、一緒に買い物にでかけ旬の食材を取り入れた料理を作ったりするなど沢山の経験をさせました。休みの日には家族そろって公園にでかけ季節毎の草花を肌で感じ娘も自然と草花に興味をもつようになりました。

年中の頃はほぼ体験で終わり特にペーパーを重視して取り組んでおりませんでしたが、年長に入り本格的に受験を意識始めた頃より毎朝夕30分と時間を決めペーパーや工作等集中して取り組むようにいたしました。母自身も仕事を休職し娘が幼稚園に通っている時間に今日明日の問題集をつくり娘が嫌にならない程度で勉強を進めて参りました。まずは簡単な問題や同じ問題を繰り返し行い、時間内にできるようにすることで自信を持たせ、できた時には大きく褒め一緒になって喜びました。ペースが上がると自信もついてきたのか、もう一回別の問題をやりたいと意欲をみせるまでになりました。

また夏休みには集中して休みをとりながら朝夕各2時間程ペーパーに取り組んでおりました。朝は近くの公園に出向きラジオ体操で始まり、ウォーキングをしてからペーパーに取り組み外で遊んだ後、夕方からまたペーパーや工作、巧緻性、絵画等と繰り返しを大切にしました。自宅学習では、時には衝突したりお互い険悪なムードになったりもしましたが志望校に入りたい一心で大変頑張りました。模試は場慣れのために色々な場所で受け時には志望校ではない模試も受けました。

お教室では先生から時間を意識した学習方法をアドバイスいただき、授業の中で先生が受験間近まで全力で向き合ってくださったことを感じ、私達親子が全力で挑むことができたのも先生方のご指導によるものと感謝の気持ちでいっぱいになりました。橋本先生には、親として子どもと向き合う心構えという基本的なことも教えて頂きました。

また受験の備えとして、願書や面接練習において、的確なアドバイスも多く頂けました。私共の育った環境やそれを踏まえた教育方針についてじっくりと聞いてくださり、一緒に考え・備えたことで、面接当日は、自信を持って受け答えができ合格と言う結果につながったと思っております。娘は受験当日橋本先生から頂いたティッシュケースをお守りとしてポケットに入れ試験に向かいました。試験から帰ってきた娘は「とっても楽しかった!ティッシュケースのお守りがきいたみたい」と笑顔で伝えてくれました。

門田先生、橋本先生のご指導なく娘の見違えるような成長はなかったと思います。大切な時期にアドバンスの先生方に出会え、ご指導頂けたことは、私共家族にとっても大変貴重な機会となりました。また勉強だけでなく、母として、親としての姿勢、常識を教えて頂き大変勉強になりました。

今後も先生方から学んだことを家族一同継続し、長い年月を通して学校との連携をもって取り組み、引き続き娘と共に学び続け成長し続けていきたいと思っております。

私たち親子を見放さず、根気よくご指導頂き、心より感謝申し上げます。短い間でしたが親子共々大変お世話になりました。本当にありがとうございました。
 
- 丸角3 - 丸角4
- - - -
-  
 
Copyright (C) 2009-2014 Advance.All Rights Reserved.