この度は、娘が第一志望校に合格する事が出来ました。これもひとえに門田先生のご指導のおかげと心より感謝致します。またサポートして下さった諸先生方にはいつも子供たちに優しく声をかけていただき、温かい雰囲気の中で学習出来た事が子供にとって何より良かったと思っています。我が家はアドバンスの前は、大手幼児教室からマンツーマンの個人教室にも通っておりました。早生まれの娘はなかなか成果も出ず、娘はますます自信とやる気が失われそんな娘に何も出来ない自分自身にも失望し、先が見えませんでした。そんな折、年長の3月からアドバンス教室に通い始め、夏ごろまでは成果も一進一退を繰り返すそんな状態が続きました。先生の「夏過ぎた辺りから必ず伸びますから一緒に頑張りましょう」という言葉を信じ、先生の指摘事項は一つも漏らさずしっかり復習してきました。そしてやはり夏が過ぎた頃、娘の成果に変化が表れ、言語力、理解力、思考力など見違えるほどに伸びていました。第一志望校の受験時には親子そろって自信とやる気を胸一杯にして受験に臨む事が出来ました。

私どもは受験にあたってどうしても大切に思うことがありました。それは「子供の成長はそれぞれ全く異なります。無理に焦らず、子供にあったカリキュラムで指導して欲しいという事」と「受験では合格をもらう事だけが目的ではなく志望する学校に進学する事」でした。これは当然のことの様ですが、やはり大手幼児教室では難しい面があります。特にまだ成長途上の子供では、大勢のクラスで一斉に授業をしていてはかなりの負担があります。また、やはりどうしても合格実績が先行され、子供に合う学校、親が子供を通わせたいと願う学校への受験が叶わない事もあります。小学校教論のご経験や子供達への深い愛情をお持ちの門田先生だからこそ、生徒一人一人の個性を見極め、ご指導いただけたのだと思います。

先生の子供達からの信頼は絶大なものでした。時折、「今日、先生からよく出来たねと頭をなでてもらった」と嬉しそうに話してくれました。そして、私たち保護者に対しても小学校受験を特別なものと感じさせず、今の子供達に大切なことのみを指導して不必要な不安は全く感じませんでした。先生が常日頃よりおっしゃっている「受験が最終ゴールではありません。子供達が6年間の小学校生活をより豊かに楽しく過ごせるかが受験の目的で一番大切なこと。」この事が小学校を受験する全ての意義である様に感じました。先生はどんな些細な質問も丁寧に答えて下さり、それは家での学習方法のみならず、時折、子供の状態に不安を感じる親の気持ちにも冷静にアドバイスを下さいました。特に受験直前は親の精神面も不安定ですが、先生にその思いをお話した事でとても救われた思いが致します。心より感謝しております。アドバンスで先生からご指導いただいた事を糧に、自信をもってこれからの小学校生活を楽しく送っていってくれると確信しております。本当にありがとうございました。