初めて門田先生にお話を伺ったとき、小学校受験について知識の乏しい母親の初歩的な質問にも答えて下さり、もともと少人数制のアットホームな教室を探していたので、「ここだ」と思いました。

娘は新年長から楽しく教室に通い、家庭では宿題と先生のおっしゃったことをしているうちに、自然と力がついていきました。もともと、“子どもらしさを失わせるほどの無理な準備はしたくない”と思っていたのですが、全くそのような心配もなく、ストレスのない受験準備が出来ました。最終的に、夏が終わる頃の力の付き具合で、カリタスも視野に入れて良いのではないかということになり、結果、元々の志望校とカリタス小学校と両方合格を頂くことが出来ました。

志望校で迷った時も、門田先生はそっと背中を押して下さったり、面接が始まって試験までの不安な時期も、時に真摯に平常心でいられるよう力強く導いて下さったりしました。先生が時折仰って下さった「大丈夫ですよ」との明るい笑顔にも励まされ安心感をもらいました。また、いつも「ご本人に合った学校が一番です」と無理に難関校などを勧めることは全くありませんでした。そのため家庭の方針に合わせて志望校選びが出来たのも、校風や情操教育を重視していた我が家にはとても有難かったことでした。

お絵かきや工作が好きな娘だったため、安間先生の絵画教室にも平行して通わせて頂き、そちらも受験にも大変役立ち楽しくて気分転換にもなったようで、良い思い出となりました。両先生方には感謝の気持ちでいっぱいです。