年中よりアドバンスにお世話になりました。元来初めての人と接するのが苦手な娘は、体験でお伺いした際に案の定泣き出しこの性格を克服しない限り受験は厳しいと感じておりました。門田先生からの「泣いてはいたけれども考える力は充分あるから大丈夫です」とのお言葉を信じて、当初は学力の向上よりもいかに楽しくお教室で過ごせたかを気にしておりました。そのうちに娘はお教室でお友達もでき、毎週通うことが段々と楽しくなり、親としては一山越えたと安心致しました。
しかし年長になる春頃、学力が気になりはじめた親と相変わらずお遊び感覚の娘と、勉強に対する取組み方に温度差があることに気付き、日々の学習方法にとても悩んだ時期でもありました。そんな時に門田先生からは、とにかく毎日コツコツと勉強すること、出来ないことを叱るより出来た問題を褒めてあげることを教えていただきました。それからの約半年間は「カリタスに行きたい」という目標に向けて家族一丸となって無我夢中で取組み、おかげさまで娘の希望するカリタス小学校の合格を頂きました。

門田先生、橋本先生、安間先生、娘のみならず私ども両親に対しても的確なアドバイスをいただきまして本当にありがとうございました。先生方のお言葉を反芻して涙した日もございましたが、この約1年間で親も様々なことを学ばせていただきました。特に子供を信じることの大切さに気付くことができましたことは、今後の娘との関わりの中でも活かされると思っています。また一緒にこの受験を乗り切ったお教室の皆様にも本当に感謝を申し上げます。お互いに悩みながらも協力しあって、見事全員が第一志望の合格をいただいたことは何よりも嬉しいことです。アドバンスを通じてのご縁を大切に、娘のこれからの学校生活を親も一緒に楽しみたいと思います。