門田先生、安間先生、橋本先生、安江先生、お世話になった先生方に、心から感謝の気持ちとお礼を申し上げます。そして、心から入学させたいと願っていたカリタス小学校に合格を頂けるまで子供達を導いてくださり有り難うございました。うちは男女の双子ということもあり、志望校やお教室選びは本当に悩みました。そんな中、アドバンスに入塾を決めたのは、年中の4月のことです。小学校受験を真剣に考え始めて、大手の幼児教室をいくつか伺ったりしているときに、知人からの紹介でアドバンスに伺いました。
初めて伺った時、門田先生は、以前に小学校の先生でいらっしゃったことからとても的確にアドバイスをしてくださり、無理に入塾を勧めることもなく小学校受験について必要なことなどを話してくださいました。入塾を決めたのは門田先生の『この塾はお子さんの負担を最小限にするため、できるだけ受験に必要なことを精選して指導していきますが、どの学校にも入学できる様に指導していきます。』というお言葉でした。大手を伺うと、通常の授業と又、別枠で様々なレッスンも受け親子ともに膨大な時間と費用が費やされると感じました。本来の小学校受験は、親子でこの年齢に必要なことを身につけているかどうかで、ストレスを抱えるものではないと思っていたからです。

そして通塾が始まると、お言葉の通り門田先生はいつも『焦らなくて大丈夫です。』と仰ってくださりました。少し、私が厳しくなってくると、『大丈夫ですから、もう少し肩の力を抜いて…』と仰ってくださり、私はいつも安心できました。そしていつも、冷静に的確に指導をしてくださり、時には注意をされたり、出来たときには沢山褒めて頂いたり、子供達は一年半という長い時間をとても楽しく過ごせていました。

入試本番までに、何度か外部の統一模試を受けましたが、改めてアドバンスのお教室のレベルの高さを実感出来ました。最後まで大好きなバレエとサッカーは続け、幼稚園のお友達と遊ぶ時間も取れました。先生から頂いた宿題と苦手分野を自宅学習するという繰り返しを続けた結果、充分な力が自然と付いていたように思います。

本当に心から、アドバンスの先生方に出会えたこと、そして、素敵で温かく、優しさを持ったお母様方に出会えたことは、合格を頂いた事と同じくらい、我が家にとって幸せな事となりました。
幼児教室での指導は親が一番、ストレスを抱え、周りとの関係が大変だと聞きますが、完全に母子分離のアドバンスのご指導は、子供にとってはもちろん、私達、母親にとっても大変良かったと思います。毎週、授業のある日に他のお母様達とお話をする時間も楽しみでした。

お教室のお友達もみんな第一志望に入学が決まりましたが、これからもずっとこの仲の良い関係は続くような気がします。門田先生は、いつも『合格が終わりではなく、その先の小学校生活を楽しんで学べるかどうかが一番大事です。』と仰っておられました。アドバンスのお陰で勉強嫌いにならずに学ぶことを楽しいと思っている我が子をこれからも支え、共に学んで行きたいと思います。これでお別れだと思うと淋しい気持ちで一杯です。本当に、今まで有り難うございました。最後に、少しでもこの体験記をお読み下さった方々やアドバンスにいらっしゃっている方々のお役にたてたら嬉しい限りです。これからもアドバンス幼児教室の益々のご発展を願っております。