我が子が入会させて頂いたのは年長の夏を迎えた頃でした。内部進学であったため特にこれといった準備することなくのんびり過ごしていましたが、ご近所のお友達たちが小学校受験に向けてどんどん成長していく姿を見て、我が子にも何か刺激があっても良いかもしれない、私も親として学ばせて頂くことができればと思い、門を叩かせて頂きました。


それまでお勉強らしいことをあまりしたこともない子でしたが(某トラの子の通信教育くらいでしょうか)、門田先生から「ブツブツ言いながらも知育は大変よく理解して取り組んでいる」とお聞きして、周りのお友達から良い刺激をたくさん受けて頑張っていたのだと改めて感じました。非常にマイペースな子でしたので、特に指示行動の授業では学びも多く、いい刺激をいただいたように思います。

またペーパーでは、持ち帰った答案を見て、日頃の実体験や遊びの中での経験があってこそのものなのだなぁと感じ、家庭での過ごし方のヒントとさせていただきました。

少人数の環境の中で厳しくも温かく見守って頂き、また途中からの入会にも関わらずクラスのお友達にも受け入れていただき、本当にありがとうございました。