この度、小野学園小学校から合格を頂くことができました。保育園の年中の終わりの3月に、人の話が聞けるような落ち着いた子供に育ってほしいとの思いから、アドバンス幼児教室の体験教室に参加しました。受験を始めるには遅すぎる時期でもあり、また教室の子供達はとても落ち着いていて、馴染めるかとても心配になりましたが、やさしく仲間に入れて頂き、楽しく通い始めることができました。

5月に私立小フェアに参加し、小野学園小学校の熱意のある教頭先生のお話を伺い、自宅から近いことも決め手となり第一志望にしました。家庭学習では、毎日、夕食後に教室の宿題をやり、8月の夏期講習以降では市販の問題集や過去問も使って、基本問題の繰り返し練習を徹底しました。教え方がわからなかったり、なかなか上達が感じられなかったりした時期もありましたが、折々に門田先生から励ましやお褒めのお言葉をいただき、弱みも的確に教えていただくことで、最後まで諦めることなく続けることができました。

行動観察と運動は教室での先生のご指導に頼りましたが、日頃の生活の中できちんとすることを心がけるようになりました。我が家は短い7ヶ月間の受験生活でしたが、先生方のご指導や他のご家庭の様子からも大変いい刺激を受けることができ、子供は落ち着いて話が聞けるようにもなりました。親自身も困難な場面での子供との接し方を経験でき、受験を通して様々なことを習得できた貴重な経験となりました。

私立小は縁遠い世界と思っておりましたが、実際に始めてみると受験から得られることが大変多く、また、結果としてもとてもよい小学校の学びの環境を得ることができ受験をして良かったと思っています。少しでも気になる方はアドバンス幼児教室の門を叩かれてみると良いと思います。門田先生はじめ、教室の先生方、同級生の皆様、温かく見守っていただき、本当にありがとうございました。